今も昔もAIU生に助けてもらっている話

目次

プロフィール

学年:7期生 (秋入学)
出身:兵庫県
留学先:台湾 淡江大学
在学時はAIU軟式野球部、国際教養大学竿燈会、日本台湾学生会議に所属していました。留学は台湾/淡江大学にて台湾lifeを満喫。海外に行くと、(なぜか)現地の方と間違えられる率高め。大学卒業後はメーカーに就職し、関西⇔首都圏を転々としながら生産管理と営業の仕事に就く。現在は転職・結婚を機に、神奈川県に住んでいます。

はじめに

 海外赴任、起業、進学、子育てをはじめとする、様々なAIU生の活躍を聞いて刺激をもらっている中で、僕自身何が書けるかを色々と考えてみました。2015年3月にAIUを卒業し社会人8年目になった今、AIU生の皆さんへの感謝の気持ちをAIU Colorsで書いてみたいと思います。

AIUでの生活を振り返ってみて

 AIU生活を振り返って、ここでは書ききれないくらい、いろんな人に助けてもらったなぁ・・・としみじみ思います。

将来海外と携わりながら活躍することを夢見てAIUに入学することを決意しました。しかし、入学してからはできないことの連続でした。(皆さん、経験ありますよね??)

 EAPや授業で見たこともないような量のreading、書いたこともない量のwriting、それを着々とこなしていくクラスメイト・・いやもう、びっくりしました。さらに、野球部や竿燈会などの活動に参加したのですが、今まで経験したことのない体験の連続で、ほぼ毎日クタクタの状態で過ごしていました。

 そんな状況でしたが、助けを求めればどんな時もAIU生は助けてくれました。授業では、一緒に課題をしない?と声をかけてくれたり。野球部や竿燈会では、なかなか上達しない自分にアドバイスや励ましの言葉をかけてくれたり。色々ありましたが、あっという間に4年半が過ぎ、無事にAIUを卒業することができました。どこかで助けてくれる人がいる、そんな安心感のあるAIUの雰囲気が大好きでした。

野球部での写真 大会出場した時の一コマ

社会人になっても変わらない関係

 関西にある工場の生産管理の仕事で、私の社会人デビューが始まりました。生産管理とは、定められた生産計画(予算)をベースに、決められた生産量と納期を守れるように、現場の方々に協力をお願いしながら行う業務ですが、慣れないことも多く試行錯誤の日々が続きました。そんな日々で、会社の同期と仲良くなりましたが、やはり在学時代から仲が良かったAIU生と会うときは格別でした。週末はストレス発散で飲みに行ったり、遊びに行ったり、旅行に行ったり・・・。卒業しているのに、AIU生と会う時は仕事を忘れて、AIUでの生活を思い出しながらリフレッシュすることができました。

 社会人3年目の時に、希望していた営業への異動となり、初めて東京での生活が始まりました。

生産管理の時と比べ、仕事や生活が大きく変わり、忙しい日々が続きました。その時も、東京にいるAIU生が声をかけてくれました。おかげで、もともとの知り合いや初めましての人も関係なく、休みの日は関西にいる時と変わらず交友関係を広げることができました。東京での生活では、仕事はワチャワチャしながらも、AIU生に仕事やプライベートの相談をしながら、なんとか楽しく過ごすことができました。

 色々あった、社会人生活の中で一番印象に残っている話をさせてください。

 東京で営業として仕事をしている中で、担当しているお客様で大きな納期トラブルが発生してしまいました。その当時、納期トラブルは度々発生していたのですが、今回はちょっと笑えないレベルのものでした。以前働いていた関西工場から、7日以内に製品を出荷できないと、お客様の生産ラインがストップしてしまい大トラブルに繋がる!という経験したことのないピンチでした。工場に対応をお願いをしましたが、繁忙期ということもありお客様要望を満たす打開策も出ず、手も足もでない状況でタイムリミットがどんどん近づいてきました・・・(残り5日)

 上司と相談した結果、関西工場に直接出向き、直談判しようという結論に至ります。かなり丸く書きましたが、いわゆる籠城(=製品を出荷できるまで帰れま10的な感じ)の決意です。(残り4日)

 期限まで残り3日となった日に、朝一で工場に乗り込みました。工場への道中、とにかくなんでもいいから無事に終わってほしい(仕事が無事に終わったら、めっちゃ飲んだろ)と強く思いながら向かいました。工場に着いてから、信頼できる工場担当者に事情を説明し打開策を一緒に考えました。その担当者は上司や他部署の方を巻き込み、僕を連れて関係者に直接お願いをしてくれました。色々あったもののその想いが通じたのか、週末を迎える前にようやく出荷手配に目処がつき、大きなトラブルを回避することができました・・!

 何かの偶然なのか、その担当者こそAIU生だったのです!!全く想像していませんでしたが、仕事でもまたAIU生に助けられたのです。仕事終わりのその夜、一段落ついた喜びとともに、彼に感謝しながら一緒に飲み明かしました。その時の光景は、AIUで見た光景と全く同じで、今後忘れることはないと思います。

彼とのオール後そのまま、他のAIU生も誘い夢の国へ(オール明けなのでスーツ着たまま・・・)

今もそしてこれからも

 2021年に社会人7年目で30歳を迎えました。コロナ渦による在宅ワークの増加で自分一人で過ごす時間が増えたことにより、自分自身の今後について深く考える時間が増えました。その中で仲の良いAIU生が転職、結婚、海外駐在と、ライフステージがどんどん変化していく中で、私自身もキャリアの見直しを強く考えるようになりました。もっと海外と携われる仕事がしたい。この会社にずっといていいのか?違うことにチャレンジしてみたい!色々な考えが出てきましたが、仲の良い職場の同僚の転職をきっかけに、2021年9月から転職活動をしてみることにしました。

 生産管理や営業などのこれまでの経験を活かせる仕事がないか探したところ、偶然にも東京で生産管理の魅力的な求人を見つけました。驚くことに面接もトントン拍子に進み、転職し新天地でチャレンジしたい気持ちが一層強くなりました。しかしながら、当時交際していた方は関西で働いており、自分の思いだけで決めて良いものか・・・。悩みましたが二人で話し合いを重ねた結果、2022年に東京で一緒に生活し、新天地でチャレンジすることを決意しました。

 決意したのはいいものの、転職・転居・結婚準備をほぼ同時期に行うことに・・・!転職準備、結婚準備、家探しは全て初めての経験で、何からスタートするべきかお手上げ状態でした。ここでもAIU生に色々な話を聞いてもらいました。転職・転居に伴い結婚を経験した人、結婚準備に必要なこと等、いろんなアドバイスをもらいました。まさか自分が、転職と結婚の話をAIU生とするなんて・・・と信じられませんでしたが、話を聞いてアドバイスをくれる仲間の存在は本当に頼もしく、ものすごく救われました。

 長くなりましたが2022年になり、新天地で転職、無事に入籍し現在に至ります。AIU生に助けてもらってなければ、もっと大変だったと思います・・・(笑)。今も試行錯誤を繰り返しながら生活していますが、心のよりどころの一つにどこにでもAIU生がいるので不安はあまりありません。

 AIUに入ってからここまで振り返り、数えきれないくらい沢山のAIU生に助けてもらいました。そしておそらく、これからもこの関係は変わりません。なぜなら、まだまだ相談したいことが出て来るからです。(この記事を読んでくれている、読者の方に相談することがあるかも・・?)

くじけそうな時は気軽に助けを求めよう

おわりに

 卒業してもふとした時に、気軽に相談できるAIU生のつながり。AIU生同士で、話をすることによって僕と同じく助けられた人も多いと思います。コロナ渦やライフステージの変化でAIUコミュニティと疎遠になってしまった人もいるかもしれませんが、この記事を通じて久しぶりにAIU生に連絡を取ってみよう・・・と思ってくれたら、これ以上に嬉しいことはありません。

 このつながりは僕の心のより処として、これらからも大切にしていきたいなと思います。そして困ったAIU生がいれば、僕自身がしてもらった様に、手を差し伸べられる、、そんな人になりたいなと思っています。

 AIU生の皆様、これまで助けてくれて本当にありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いします!

仲良いゴルフ仲間との写真。住んでいる場所はバラバラですが、これからも集まりたいなと思います。
36

ライターへのご連絡はこちら

卒業生同士や卒業生と在学生が繋がるサポートをさせていただきますのでこちらよりご連絡ください。

あなたも記事を書いてみませんか?

AIU ALUMNI COLORSでは卒業生のライターを募集しています。

あなたの「今」や「想い」を記事にしてみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次